midorikawano.jpg

河野未彩  -  Midori Kawano

Midori Kawano is a visual director and a graphic artist.

Strongly inspired by the universe of music and art, she started her creative activities in mid 2000s.
Since graduating from Tama Art University at the Department of Product design in 2006, she worked as a freelance, ranging from graphic design to product development and video making, developing album covers, directing music videos and more.
In 2019, a first collection of her works has been published by Gas as Interface and in March 2020 her first lamp, RGB_Light, has been released.

視覚ディレクター

神奈川県横浜市生まれ。

06年多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。

音楽や美術に漂う宇宙観に強く惹かれ、2000年代半ばから多くの作品を発表し、グラフィックデザイン/映像/プロダクトを媒体とし、様々なメディアの作品を制作している。

グラフィック作品の多くは、エアブラシ・水彩・パステルなどの手描きの要素と、コンピューター・グラフィックスを融合させたものや、デジタルペイントを主とし、プロダクトや空間演出、映像などは、グラフィックの世界観を主軸に展開している。また、実写作品はディレクターとして、デザイン、編集を自ら行っている。

 

神社検定3級。